FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

妻の誘惑

妻を食事に誘えば、妻のオマンコが見える。普段アダルトビデオを見ていてもモザイクがどおしても邪魔である。無修正な物もあるが結局は画像にすぎない。画面を通してみるのと直に見るのでは全く違うものである。いつも見ていた妻のオマンコは、今は他人に使い込まれ続けている他人のオマンコになってしまっている。見たい気持ちに負けてしまい、翌月も再び食事に誘ってみたが、今月は忙しいからダメだという返事だった。「じゃぁ、...

続きを読む

妻が家を出ていくとき

妻と離婚するのは躊躇いがあった。「離婚を待ってほしい」「彼が就職してちゃんと生活できるようになって、結婚出来るまでは」妻はそうきり出した。安定した収入を持たない妻を家から追い出してもこの先、生活できるのか不安があった。結婚する前からも失業している時代が多く、その度に面倒を見ていたからである。いつも「仕方ないなぁ」と思いながら結局は面倒を見ていた私もお人よしであるが。彼も失業して学校に通っている。お...

続きを読む

妻のオマンコ

妻が彼氏と同棲し始めてから妻の裸を一切みていない。同棲しているかといって、連絡を一切しないわけではなかった。たまに連絡をしているし、私のいない間に週に2、3日は家事をしに戻ってきてくれている。社内でもたまに会うことがある。結婚していることも、ネトラレて彼氏と同棲していることも知られずに過ごすのは妙な違和感を感じる。廊下で話ていると冷やかしの声を浴びせられることもあった。妻とは年に数回外食に行く。結...

続きを読む

告白の行方

初めて一緒に食事に出かけることができたが、その後一向に進展しなかった。プロジェクトが終わってしまい、妻は別のプロジェクトに異動してしまったからである。この時はまだ連絡先も交換していなかった。一緒のプロジェクトなら仕事中にまた誘うこともできたが、仕事で絡むことがなくなって別の場所で仕事をしているので会話をすることもできなかった。ただ幸運なことに時たま、私の近くで仕事をしていることがあったので、頑張れ...

続きを読む

チンポとオチンポの違い

「チンポ」と「オチンポ」両方とも意味は一緒であるが言葉のもつ卑猥さの違いにあるかと思う。妻は私の物を「チンポ」といい、私は「オチンポ」という。妻を含め、付き合った女性はみんな「ちんちん」か「おちんちん」と言っていた。体を洗ってもらう時も「ちんちん洗ってあげる」と言われて手で触られているのに反応はしなかった。アダルトビデオを見ていた時に、「チンポ」と連呼している女優さんに興奮してしまい、試しに妻にも...

続きを読む

妻のおねだり

妻はよく「お願い。いいでしょ?」と子供っぽくおねだりをする。おねだりをされる物の多くはコスプレ衣装で値段もそんなに高いものではなかった。いつもこんな安い物でいいのかなと思いつつ買ってあげると「有難う!」と満面の笑みを浮かべるこの笑顔に大抵の男性はメロっとしてしまう。その為、妻の誕生には色々な人間が下心を秘めてプレゼントをしていた。妻の方は貰える物は貰うけどお返しはしなかったのだが。中年のおじさま達...

続きを読む

本気になった妻

私はどうしたらよいかと悩んでいた。私に怒られた妻は不貞腐れてそのまま朝まで彼とセックスをしていた。翌朝、私が出勤した後に身の回りの物を取りに戻りそのまま彼と暮らしていた。彼はメイド服をよほど気に入ったのか、毎日メイドプレイをしたそうだった。もし妻が学校を辞めて彼と二度と会わないと言ってくれたら許そうと思っていた。浮気は確かに許せない。だけど、それを理由に離婚をするのはどうかなと思った。妻の言葉を信...

続きを読む

コスプレした妻

妻の中に思いをぶちまけた彼は最後の一滴をも注ぎ込もうとゆっくり腰を振った。妻もセックスの余韻に浸り、やがて出し尽くした彼と抱き合いキスをした。妻との初エッチの記念に写真を撮っていい?とお願いいされた。「恥ずかしいよぉ」と言いながら、妻は笑いながら承諾した。妻を征服した証。ゆっくりとオチンポを抜いて垂れ落ち始めた精子を撮影していた彼に妻が「ねぇ!どうせならコスプレ衣装のところからとってよ(笑)」と言っ...

続きを読む

二人だけの撮影会

私は良かれと思い妻を学校に通わせたことを後悔していた。ホテルの部屋に入った妻達は窓辺の席に座りシャンパンで乾杯をし誕生日ケーキを食べながらしばらく会話を楽しんでいた。時が経ちグラスも空になり、しばらく沈黙が続いた。普通のデートの時と違い、こういう雰囲気に彼は慣れていななく緊張したのであろう。妻が「シャワー浴びよっか?一緒に浴びる(笑)?」と言ってみた。「はい」と答えたが、彼は服を脱ごうとしなかった。...

続きを読む

妻が他人へなるとき

妻が話し始めた内容に私は驚きと後悔を感じていた。相手はまだあどけなさが残る20歳前半で妻と同じ学校の生徒だった。彼もまた妻と同じように失業し手に職をつけるために入学したのだった。大抵、職業支援の学校に入学するのは、30代後半の人が多く技術とその学校がもっている企業への紹介を得るために入学する。妻のクラスの平均年齢は40歳代だったので、彼は浮いていたそうだ。年の差で周りと溶け込むことができない彼が可哀...

続きを読む

プロフィール

一人でできるもん

Author:一人でできるもん
妻を寝取られ、妻と彼氏と出会い系で知り合った人妻に調教される日々

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
43605位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
5302位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。