FC2ブログ

記事一覧

二人だけの撮影会

私は良かれと思い妻を学校に通わせたことを後悔していた。

ホテルの部屋に入った妻達は窓辺の席に座りシャンパンで乾杯をし誕生日ケーキを食べながら
しばらく会話を楽しんでいた。

時が経ちグラスも空になり、しばらく沈黙が続いた。

普通のデートの時と違い、こういう雰囲気に彼は慣れていななく緊張したのであろう。

妻が「シャワー浴びよっか?一緒に浴びる(笑)?」と言ってみた。
「はい」と答えたが、彼は服を脱ごうとしなかった。
「早くぅー」と言いながら彼のズボンを脱がしたら、パンツが我慢汁でびしょ濡れだったそうだった。
大きくなっているのもが分かったが、お姉さんぽく気付かないふりをして、先に風呂場に向かわせた。

「アレが入るんだって思ったら興奮しちゃった」と妻は彼の大きさに興奮たそうだった。

遅れてお風呂場に向かうと彼が体を洗っていた最中だった。

憧れの妻の裸にさらにおっきくなっていた。触りたそうだったが

「お楽しみは後にね!」と言って先に彼をタオルで拭いてベッドに行かせた。

女性の準備は時間がかかる。
10分近く体を入念に洗い、メイド服に着替えてベッドに向かった。

湯上りの女性の石鹸の匂いに男性は弱い。
彼も例外ではなくベッドにきた妻に襲い掛かったが、まだ緊張のせいか震えていた。
見かねた妻がメードプレイで緊張をほぐしてあげた。

「ご主人様(笑)」と言いながら一枚一枚と時間をかけてメイド服を脱がされた。

全裸にされた妻は

「ご主人様いれてくだーい(笑)」と言ったがゴムはつけてねと言い彼のオチンポにゴムをあて
口でやさしく嵌めてあげた。

ホテルに入出してから1時間が経過していた。

やっとの挿入し彼と結ばれたが、しばらくするとオマンコの中で彼のオチンポが縮み始めた。

やりたい気持ちに反してオチンポは無常である。
私も挿入中にゴム圧に負けて縮むことが度々あった。

必死で手でシゴイテおっきくしようとしている彼が可哀そうになって

「ゴムなしでしよっか。おっきくなるかなー(笑)」と彼のオチンポを舐めてあげた。
妻の口の動きに再び硬さを取り戻した彼のオチンポを再びオマンコに生で入れた。

セックスの最中に一度縮んでしまうと、またおっきくなっても縮んでしまう恐怖を感じてしまう。
そのため、出来るだけ早くイクようにする。

彼も例外ではなく、せっかくの妻とのセックスでイキたいと思い激しい腰つきで妻のオマンコを
突き上げていった。
妻も興奮していたが、彼の射精が近そうなの感じていた。
頑張っている彼の姿が可愛らしくみえた。

「中に出していいよ」

彼を抱きしめながら耳元でそう呟いた。

中だしの言葉に彼のオチンポは反応しさらに妻のオマンコを無我夢中で突き上げた。
やがて、一か月近く我慢したオチンポから妻の子宮の奥めがけて大量の精子を発射した。




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一人でできるもん

Author:一人でできるもん
妻を寝取られ、妻と彼氏と出会い系で知り合った人妻に調教される日々

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
36966位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
4556位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター