FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻と最後のエッチ





私がご飯を食べている最中に妻はいそいそと準備をしていた。
まるで旅行に行く前日のように楽しそうだった。

明日から妻は彼と同棲をするため家を出ていくが全ての持ち物を持っていく訳ではない。
生活に必要な物だけ持っていき必要に応じて家に戻って入れ替えたりする。

やがて荷物の準備を終えた妻がお風呂に入りに行った。

食事を終えてくつろいでいた私の目に入ったのはさっきまで妻が荷物をまとめていたカバンである。
封をしていなかったので軽く見てみたが中身は下着や衣類と化粧品類だった。

「足りるかな?」

いつの間にかお風呂から上がった妻に言われたが、必要に応じて足りない物を持っていったり買ったり
すればいいよと答えておいた。

「そっかー」

そう答えると妻はソファーに座り寛ぎながらテレビを見始めたので私もお風呂に入ろうと思い風呂場に向かった。
服を脱ぎ洗い物を洗濯機に放り込もうとした時に、妻のパンティーが目に入った。

妻がさっきまで履いていたパンティー。
もしかして、彼の精子がついているかもしれないと思い手に取ってみたが汚れはなかった。

ただ一日履いていたので妻のオマンコの匂いがパンティーから漂っていた。
久しぶりに嗅いだ妻のオマンコの匂いにオチンポは固くなっていた。

匂いを嗅ぎながらオチンポを握りしめて上下に動かし始めたが、足音が聞こえたので慌ててパンティーを持って
浴室に入り戸を閉めた。

パンティーを持っているところを見られたらどうしようとドキドキしていたが、妻はトイレに行っただけだった。
水が流れる音がしトイレから出て戻っていくのを確認し、浴室内で妻のパンティーの匂いを嗅ぎながらセンズリを始めた。

明日からもう抱くことは出来ない。

そう思うと余計に興奮し妻が愛おしくなってしまった。

「どびゅー、どびゅー」と精子を放出後しばらく呆然としていたが、何をやってるんだろうと我を取り戻しパンティーを洗濯機に戻し体を洗い浴室を後にしたのだった。

「遅かったねー?」

寝室で妻が横になってスマホをいじりながらそう私に言ってきた。
彼と連絡をしているようであった。

一緒の布団で寝ることはないかと思っていたがどうやら妻は気にしないようであった。

私が「いつもだよ」と答えると「そう?」と返ってきた。

妻の横に寝転がって私もスマホで色々と遊んでいた。
しばらくお互い無言でスマホを触っていたがやがて妻がそろそろ寝ようよといい電気を消してお互い布団の中に入った。

妻が隣にいる。心臓がドキドキしていた。

このまま無言で眠りについてしまうのうが嫌だったので妻の手を握ってみた。

「どうしたの(笑)?」

妻も起きていたので「エッチしたい!」と言ってみた。

「ダメよ。浮気になっちゃうよ(笑)」

そう言われたが、妻も手を握り返してくれていた。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一人でできるもん

Author:一人でできるもん
妻を寝取られ、妻と彼氏と出会い系で知り合った人妻に調教される日々

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
43605位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
5302位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。